コープこうべトップ > 環境の取り組みトップ > トピックス > コープの電力のトピックス > 「みんなの知らない電気の秘密!」開催 ~電気とことん探検隊①~

トピックス

2016.08.26

「みんなの知らない電気の秘密!」開催 ~電気とことん探検隊①~

8月17日(水)、コープ塚口組合員集会室で 電気とことん探検隊「みんなの知らない電気のヒミツ」を開催し、夏休み中の5歳~6年生までの子どもたち14人と保護者の方にご参加いただきました。

最初に地元の中学生の方が手作りした自転車を利用した発電機で発電に挑戦。「漕いでみたい人!」との問いかけに、「ハイ!」と元気に手をあげた高学年の3人が、自転車にまたがって力いっぱいこぐと、赤い回転灯がクルクル! 「ついた!」とみんなの目が輝きました。

ランプ点灯.jpg

次に子どもたちは班に分かれて、振ると光るライトや、白熱電球・LED電球の比較実験機を手回しで光らせ、「電気を作るのは大変」「LEDより白熱電球の方が力がいるね」と、自ら電気を作りながら電気の力について体で感じていました。。

メインの実験として「ワットメーター」という計測器で、電気スタンドやドライヤー、掃除機、電子レンジなど、おなじみの家電製品の「電気の大きさ」を測りました。

ワットメーター.jpg

子どもたちがスイッチを押し、計測器の数字を読み、ワークシートに記録。それらについて大きい順番に番号を付け、気が付いたことを考えました。

「電子レンジがいちばん大きい!」「ドライヤーって風の強さや温風冷風で、大きさがちがうね」「知らないうちに、こんなに電気を使っててびっくり!」など、自分で発見したことを発表してくれました。

実験の後、DVD「もったいないで地球を守ろう」を見て、CO2が増えると地球温暖化が進むことを学びました。さらに「電気の大きさ(W=ワット)を小さくすること、使う時間を短くすること」で、発生するCO2を減らすことができる、というお話を聞きました。

最後に子どもたちは、ワークシートに自分が使う電化製品を書きだし、省エネの方法を考えてくれました。「あつくないときはせんぷうきをじゃくにする」「エアコンは家族一緒」など自分にできそうなことを発表し合いました。

ぼくの取り組み.jpg

保護者の方からは、「もともと電気に興味を持っていて今回喜んでいた」「ワットメーターで測るという経験ができて、とてもよかった」「何気なく使っている電化製品について改めて考えさせられた」との感想が聞かれました。

終了後希望者には、電力が測れる「エコワット」を貸し出しました。今日の「気づき」を家庭に持ち帰り、夏休みの宿題につなげることができたようです。

←トピックストップに戻る