コープこうべトップ > 環境の取り組みトップ > トピックス > コープの電力のトピックス > コープこうべの電力小売事業の開始について

トピックス

2016.09.30

コープこうべの電力小売事業の開始について

コープこうべの電力小売事業の開始について

1.事業開始の背景

2016年4月、一般家庭への電力小売が自由化され、生協も組合員に電気を供給することが可能となりました。同時に、消費者は、価格やサービス内容、電源構成などの情報をもとに自分の好みに合った電力会社を選べるようになりました。

一方、将来のエネルギー問題や地球温暖化などの環境問題に不安を感じる消費者を中心に、太陽光、風力、バイオマスなどの再生可能エネルギーからつくった電気や、より環境負荷の小さい電源からつくった電気を選択したいというニーズが高まっています。組合員を対象にしたアンケート調査でも、こうした選択肢の提供をコープこうべに期待する声を多数頂戴しています。

こうした背景をうけ、コープこうべは、電力小売事業の開始を決定しました。

2.事業の目的

コープこうべが電力小売事業を開始する目的は、次の3点です。

①くらしに必要不可欠な電気を供給し、組合員の毎日の生活をしっかり支えていくこと。

②再生可能エネルギーや、より環境負荷の小さい電気を選びたいという組合員ニーズに応えていくこと。

③地球温暖化やエネルギー問題といった「コンセントの向こう側」にある社会的課題に対して、電気という商品の供給を通じて、組合員と共に考え、行動していく「きっかけ」としていくこと。

これまで生協は、食料品の安全・安心において、組合員の願いを反映した商品を提案し、選択の幅を広げてきました。そして、商品の普及を通じてその価値を社会に広め、安全・安心がスタンダードとなるような社会を組合員とともにつくってきました。いま、電気についても、同様の価値を生協が提供できるのではないかと考えています。

電気は、組合員のくらしに必要不可欠な生活インフラです。毎日使うものだからこそ、生協としてこだわった電気を組合員にお届けしたい、特に電源構成の部分についてはこだわっていきたいと考えています。

また、単に電気を供給するだけでなく、将来的には組合員や地元企業とともに地域の中に再生可能エネルギー発電所をつくったり、節電行動に協力することでメリットが生まれるサービスの開発など、電気に関する様々な提案を通じて、地球温暖化やエネルギーの未来など、いわゆる「コンセントの向こう側」にある社会的課題について、組合員と一緒に考え、行動していきたいと考えています。

3.開始時期

2017年4月から組合員への電気の供給を開始します。お申込み受付開始は、年明け1月頃を予定しています。

まずは、コープこうべの宅配をご利用の組合員を中心に受付開始予定です。

4.事業スキームについて

コープこうべが小売電気事業者※1となり、

1)FIT電気(再生可能エネルギー)※2や天然ガス火力により発電された電気を調達し、

2)需給管理※3を行い、

3)組合員や生協施設に電気を供給します。

より多くの組合員にコープこうべの電気をご利用いただき、同時に、再生可能エネルギーのさらなる電源開発・調達を進め、社会全体の再生可能エネルギーの普及につなげていきます。

スキーム図 HP.jpg

※1)電気事業法に基づく「小売電気事業者」登録は、2016年2月に登録済。

※2)FIT電気とは、固定価格買取制度(Feed-in Tariff、FIT制度)による交付金を受けて買い取りをした再生可能エネルギー(太陽光、バイオマス等)を用いて発電された電気のことをいいます。

※3)専門的なスキルが必要とされる需給管理の業務は、業務委託予定。

5.供給する電力について

(1)電源構成

コープこうべが供給する電気の電源構成※4は

FIT電気(再生可能エネルギー)※5 30%

天然ガス火力により発電された電気70% を計画しています。

天然ガス火力による電気は、化石燃料(石炭・石油・天然ガス)の中では最もCO2排出係数が低く、環境負荷が小さい電源です。

FIT電気(再生可能エネルギー)については、コープこうべの子会社株式会社コープ環境サービスが発電した16箇所の太陽光発電所から調達するほか、九州の中国木材株式会社が保有するバイオマス発電所で発電した電気も調達します。

なお、上記電源で不足する部分については、コープこうべが供給する電気の再エネ比率が30%(残りは天然ガス70%)となるように、電気を調達します。

※4)2017年4月1日から2018年3月31日の調達電力量(kWh)計画値

※5)コープこうべがこの電気を調達する費用の一部は、コープこうべの組合員で電気をご利用の方以外の方も含め、電気をご利用の全ての皆様から集めた賦課金により賄われており、この電気のCO2排出量については、火力発電なども含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。

6.今後のスケジュールについて

12月下旬 電気料金メニューの決定・公表

募集要項をホームページ・チラシ等で告知

1月下旬~3月下旬 受付開始(宅配を利用する47万世帯を対象に案内)

4月 電気の供給を開始

←トピックストップに戻る