コープこうべトップ > 環境の取り組みトップ > 廃棄物の削減

廃棄物の削減

廃棄物について

家庭や事業所から回収されたゴミは、市町村のクリーンセンターや民間の産廃業者によって破砕や焼却処理された後、資源化できないものは埋め立てられています。現在、運搬・処理時のCO2・有害物質発生や埋め立て場所の不足が社会問題となっています。(たとえば、大阪湾のフェニックス最終埋立場はあと20年ほどで満杯になると言われています。)
しかし、日々の暮らしで私たちがほんのちょっと工夫するだけで、ゴミを減らすことは可能です。コープこうべもゴミの削減に取り組んでいます!

事業所での廃棄物削減

まずはゴミをなるべく出さないことが重要です。日持ちのしない生鮮食品の適正量発注や値引きもゴミ減量の取り組みの一環です。それでも発生したゴミのうち可能なものはリサイクルしています。店舗におけるリサイクルの代表的な例は以下のとおりです。

詳しい取り組みはこちら

その他のリサイクルの取り組み