menu

プラスチック削減

脱プラスチックに関する基本方針を2019年2月に策定し、プラスチック削減の取り組みをスタートしました。

プラスチック使用に関する基本方針

脱プラスチックに向けた取り組み

  • 商品パッケージの簡素化

    • コープこうべ食品工場生産品の
      包装見直し

    • 「ラベルレスボトル」飲料の供給

      ※宅配のみでの取り扱い

  • マイバック運動

    90%以上の方にマイバッグを持参いただき、昨年は653tのプラスチック製レジ袋削減に
    つながりました。
    また、レジ袋代金は全額環境活動に活用されます。

  • リサイクル活動

    リサイクルすることで、使い捨てされる
    プラスチック容器を有効活用できます。

使い捨てプラスチック削減への取り組み “ できることからはじめよう! ”

  • できること1身近な海や川をキレイに!

    キレイなビーチでもよく見ると小さなゴミが落ちていて、その多くはプラスチックです。魚や海の生き物が誤飲することもあります。くらしの中から流れ着くゴミもたくさんあります。まずは身近な水辺を見に行ったり、クリーン作戦に参加してみませんか? ポイ捨てしないことも重要です。

  • できること2お買い物にはマイバッグ

    傷みやすい食品などを入れる袋の要否をレジでお声掛けしています。
    ご不要な場合には、お知らせください。

  • できること3ごみの出にくい商品を選ぶ

    コープこうべ食品工場生産品では、
    包装などの見直しをすすめています。

ラベルレス飲料1本につき2円を海ごみ清掃活動に寄付

脱プラスチックの取り組みの1つとして、「ラベルレス飲料」の供給を宅配で開始しました。あわせて、1本につき2円を兵庫県の「生物多様性ひょうご基金」に寄付。基金を通じて、海ごみの清掃活動に取り組む団体を支援しています。また2019年6月1日には「プラスチックごみと未来を考えるシンポジウム」を開催。寄付金の贈呈式も執り行いました。

清掃活動のイメージ
ページの先頭へ